心臓の弁

心臓には4つの弁がある

心臓の中は筋肉の壁で左右に、弁と呼ばれる扉で上下に隔てられています。

左右の心房は心房中隔によって、左右の心室は心室中隔によって分けられています。

弁は4つ存在し、心房と心室の間にある房室弁(三尖弁、僧帽弁)、動脈入口部にある半月弁(肺動脈弁、大動脈弁)に分けられます。

血液の逆流を防いでいるのがこの4つの弁で、一方向弁と言って片方にしか開かない構造になっています。

弁に心筋は含まれておらず、動きは受動的です。

2つの動脈弁、左右の房室弁は同じタイミングで開閉しています。

房室弁(三尖弁、僧帽弁)

三尖弁:右房と右室の間にあり3つの弁尖(前尖、後尖、中隔尖)からなります。

弁尖は線維性組織で血管はなく一層の内皮で覆われています。

弁尖には腱索が付着して円錐状の肉柱である乳頭筋につながっています。

(腱索:腱索は房室弁が心房側へ反転しないように弁尖の先端に付着しています)

右心室が収縮して心室の内圧が高まると弁尖は右房の方へ押し戻され、弁が接する事で弁が閉じ血液の逆流を防ぎます。それと同時に乳頭筋が収縮し、弁輪が右房の方へずれるのを防いでいます。

僧帽弁:左房と左室の間にある弁です。前尖と後尖2つからなる2尖弁です。

腱索によって前乳頭筋あるいは後乳頭筋に繋がっています。

半月弁(肺動脈弁、大動脈弁)

半月弁(肺動脈弁、大動脈弁)

肺動脈弁、大動脈弁は3つの弁尖からなる半月弁です。弁尖が半月の形をしていることから半月弁と呼ばれています。

半月弁には房室弁のような腱索はなく、心室側に凹面を有して動脈から心室への逆流を防いでいます。

僧帽弁と大動脈弁は線維性に結合しています。

 

これら4つの弁のそれぞれに開き具合が悪くなった「狭窄症」と、締まりが悪くなって逆流を生じる「閉鎖不全症」があり、あわせて心臓弁膜症と総称しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です