上室性期外収縮(PAC)

期外収縮とは

正常な心臓の拍動は「トン・トン・トン」のように規則的に打っていますが、正常な拍動の間に時々不規則な拍動が現れることがあり、これを期外収縮といいます。

電気刺激の発電所である洞結節とは別の場所から、やや早いタイミングで心臓に電気が流れる現象です。

期外収縮には心房から発生する上室性期外収縮と、心室から発生する心室性期外収縮があります。

期外収縮が出ると脈が1拍抜けたように感じますが、心臓が止まったわけではなく、やや早めに心臓が収縮したために、脈として触れることができなかった、つまり抜けた1拍の脈圧が弱かったために脈をふれなかっただけにすぎません。

一般的に危険性の高い不整脈ではありませんが、心筋梗塞や心筋症、弁膜症などの心疾患、高血圧、甲状腺機能亢進症、肺疾患などで出現することも多く、その場合にはそれらの治療が必要になることもあります。

期外収縮の症状

期外収縮を感じない人も多いですが、脈がとぶ感じ、のどや胸の不快感、動悸、ごく短時間の痛みとして感じる人もいます。

自覚症状が非常に強い場合や、頻度が高く血行動態や心機能に悪影響を及ぼす場合、発作性心房細動/粗動の引き金となる場合は治療の対象となります。

上室性期外収縮の原因

♦心臓弁膜症:僧帽弁狭窄症など

♦先天性心疾患:心房中隔欠損症など

♦虚血性心疾患:陳旧性心筋梗塞、狭心症

♦高血圧

♦心筋症

♦心筋炎、心膜炎

♦心臓手術後

♦慢性閉塞性肺疾患

♦甲状腺機能亢進症

♦電解質異常

♦疲労、ストレス、喫煙、飲酒、カフェイン飲料など

上室性期外収縮の心電図の特徴

・洞調律のタイミングよりも早く、上室性期外収縮によるP波(P’波)が出現します。

・P’波の形は洞結節以外の場所から発生したものであるため、洞調律のP波と比べて異なった形を示します。

・P波に続くQRS波の形は他の形と通常変わりません。

・通常より早いタイミングでQRS波が出現するため、R-R間隔が短縮します。

・上室性期外収縮が発生した時期が早期であるほど脈圧が小さくなります。また、この時次にくる正常収縮による血圧は逆に上昇することがあります。(期外収縮の後、正常QRS波が出現する間隔が延長することで、R-R間隔がのびることとなり、そのため心室の拡張時間が延長し、充満される血液が増加します。これは心室の収縮力の増強にもつながるため、胸がドキッとする原因になります。)

上室性期外収縮が頻発したり連続する際には心房細動に移行する可能性が高く、要注意です。

非伝導性期外収縮

上室性期外収縮のなかには、興奮が心室の不応期(刺激に反応できない時間)にちょうど重なったために、QRS波が現れないものがあります。

これを非伝導性上室性期外収縮(blocked PAC)とよびます。

P’波がきわめて早く出現したために起こります。

よく波形をみるとT波の途中から後半付近にP波が見つかります。

画像引用:看護roo ホームページより

心室内変行伝導を伴った上室性期外収縮

上室性期外収縮の中にはQRS波の形が幅広くなるという例外があります。

P’ 波がより早期に出現して、右脚・左脚のどちからの不応期に重なってしまった場合、不応期側の脚には興奮が伝導されず、脚ブロック様のQRS波(幅広いQRS波)となります。

上室性期外収縮と心房細動

上室性期外収縮で注意しなければならないのは、心房細動に移行する可能性があるということです。

心房筋は肺静脈の内部まで伸びており、そこでは上室性期外収縮をおこしやすく、それが心房細動の引き金になるからです。

特に僧帽弁狭窄症など心房に負荷がかかる疾患がある場合、心房細動に移行しやすいという特徴があります。

上室性期外収縮が頻発しているような時には注意してモニターを観察するようにします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です