腎臓と血圧

腎臓の働き

心臓から大動脈には1分間に約5Lの血液が送り出されます。体重の200分の1以下の重さである腎臓に約1Lもの血液が流れています。腎臓は血液量最も多い臓器です。

これは腎臓が全身の臓器の活動で生じた老廃物を尿に捨て、きれいになった血液を心臓に戻すという大切な役割を担っているからです。

腎臓は糸球体(血液を濾過して尿の元をつくる場所)と尿細管(尿の元から必要な物質や水を再吸収する場所)からできています。

腎臓に入ってきた血液は糸球体に入り、血圧によって血液中の水分が濾過されて尿の元(原尿)になります。

その後尿細管を通りながら、必要な物質や水を再吸収して体に戻し、不要な老廃物は尿の中へ捨てます。

原尿のうち約99%は体内に再吸収され、尿として体外へ排出されるのは1%ほどです。

腎臓の働きが悪くなると余分な塩分と水分の排泄ができなくなって、血液量は増加し血圧が上がります。

血圧があがれば腎臓への負担はさらに増え、ますます腎機能が低下するといった悪循環に陥ります。

高血圧が続くと腎臓の血管に負担がかかり、動脈硬化が起こります。それにより血管が狭くなることで、腎臓に流れる血液量が減り、機能も悪化します。すると水分を尿として十分に排出できなくなるため、血液量が増加し、結果心臓の負担が増え、血圧も高くなります。

腎臓の働きを守るためにも血圧をコントロールすることは非常に大切です。

腎臓の血圧調節機能
レニン

腎臓での濾過機能が正常に働くには血液の流れが一定に保たれている必要があります。

糸球体の血圧は血液を濾過するために一定に保てれており、血圧が低下すると濾過の働きが悪くなってしまいます。

腎臓に入ってくる血漿量が減少すると、腎臓はそれを感知して、レニンという酵素を放出します。

レニンは血液中に存在するアンジオテンシノーゲンを分解し、アンジオテンシンIへと変換します。

アンジオテンシンIはアンジオテンシン変換酵素により分解されてアンジオテンシンⅡへと変換されます。

このアンジテンシンⅡが全身の動脈を収縮させるとともに、副腎からアルドステロンを分泌させます。

アルドステロンは腎臓に作用して、Naを保持するように働いて循環血漿量を増加させるため、血圧が上昇します。

腎臓はレニンの分泌量を増減させて血圧を調整しています。

塩分と水分の調節

腎臓は余分な塩分(ナトリウム)を水分(尿)とともに体の外へ追い出す働きをしています。

塩分を多く摂取すると血液中の塩分(ナトリウム)濃度が高まり、体が血液中の塩分を薄めよう(血液の浸透圧を一定に保とう)とするため、血液中に水分が取り込まれます。

血液の量が増えることで、血管に圧力がかかり血圧が上昇してしまいます。

(腎機能が低下すると、塩分と水分の排出がうまくできなくなり、その結果血液量が増え、血圧が上がります。)

食事から摂取された食塩はほとんどが尿のなかに排泄されます。(一部は汗から)加齢や腎機能が低下している人では、食塩摂取量が増えると尿から排泄されずに食塩とともに水分が体内にたまり、血圧が高くなります。逆にいえば、多くの食塩を排泄するには腎臓は高い血圧を必要とするということがいえます。

血圧と食塩排泄量の関係を表した圧利尿曲線を以下に示します。

赤線が腎機能正常の場合で黒線は慢性腎臓病の場合です。

横軸に平均動脈圧、縦軸に食塩摂取量を示してあります。腎機能が正常の場合、ある程度食塩の摂取量が増加しても、血圧は変動せずに食塩が排泄されますが、腎機能が低下している場合、曲線が右にシフトして傾きが緩やかになるといわれています。これは食塩、体液を排泄するためにはより高い血圧が必要なことを表しています。

末梢血管の抵抗

腎臓は無数の末梢血管から成っており、老廃物を含んだ血液は腎臓で濾過されて心臓へ戻されます。腎臓の機能が悪くなって血圧が上がると、こられの末梢血管が硬くなり血液が流れにくくなります。このため末梢血管抵抗が大きくなって血圧はさらに上がります。

腎性高血圧

高血圧には2種類があり、ひとつは原因となる病気がなり本態性高血圧、もうひとつは何らかの病気が原因になって起こる二次性高血圧です。

腎性高血圧は二次性高血圧のひとつで、腎臓の疾患が高血圧を引き起こします。

腎臓には腎動脈を通して血液が運ばれています。

腎動脈が何らかの原因によって狭くなり、血流量が減ると、体内に水分が不足している状態を体が認識します。それにより腎臓から血圧をあげるホルモンが分泌されるのです。

こうして腎臓が原因となって高血圧を引き起こします。

腎動脈が狭くなる原因には動脈硬化や線維筋性異形成、大動脈炎症候群などがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です