上室性頻拍

突然に脈が早くなる状態を突発性頻拍といいます。

突発性頻拍は頻拍の発生部位により上室性頻拍と心室頻拍に分けられます。

今回は上室性頻拍について説明したいと思います。

発作性上室頻拍とは

発作性上室頻拍は、異常な電気刺激が心房または心房と心室の接合部である房室接合部から発生し、これが複数の経路を伝わって旋回し頻拍を起こすものです。

1分間に150〜250程度の頻繁な興奮が発生します。

発作性上室頻拍の心電図(画像引用:トーアエイヨーホームページ やさしい心電図の見方より)

通常P波は、はっきりしません。心拍数が早いためP波がT波に重なっていたり、QRS波に隠れていたりするためです。

QRS波は幅の狭い正常な形をとります。

健常人でも睡眠不足や過労、緊張などをきっかけに起こることもあります。

症状は頻脈による動悸や息切れ、胸の不快感などです。

頻脈が著明になると、血圧低下や失神などの症状が出ることもあり注意が必要です。

 

発作性上室頻拍の原因の大半がリエントリー回路の形成と考えられています。

リエントリーとは

通常は1つの刺激伝導路であるのに対し、電気信号を伝える伝導路がもう一つ存在することがあります。これを副伝導路といいます。

副伝導路が存在すると一方向へ流れるはずの電気信号が、副伝導路を通って上流へ戻ってきてしまい、電気信号がぐるぐると心臓の中を周り続けてしまう状態になります。

このように、2つの回路に電気的興奮が伝導されてしまい、心臓内で興奮が旋回する現象をリエントリーといいます。

発作性上室頻拍の原因

上室頻拍の原因となる回路により大きくわけて以下の3つがあります。

①房室結節リエントリー性頻拍(AVNRT)

WPW症候群

③心房頻拍

①房室結節リエントリー性頻拍(AVNRT)

房室結節内もしくはその近くに電気を伝導する速度が異なる通り道が少なくとも2つ(速伝導路と遅伝導路)できてしまい、電気がこれらの通り道をぐるぐる回ることにより不整脈が発症します。発作性上室頻拍の中で最も頻度が多いものです。発作性上室頻拍の約90%は房室結節リエントリー性頻拍あるいはWPW症候群に伴う房室回帰性頻拍(AVRT)です。

画像引用:ナースプレス

AVNRTにはP波がなく、正常なQRS波がみられます。

AVNRTは房室結節周辺でリエントリー回路ができあがり、そこから頻回な興奮が生じて頻拍が引き起こされます。(電気刺激は心房→心房へと伝わります)。このとき心房と心室にはほぼ同時に電気刺激が伝わるため、P波がQRS波に重なってみえなくなります。

②副伝導路症候群(WPW症候群)

普段は何の症状もありませんが、発作性上室頻拍を起こすことがあります。

心房と心室の間に先天的にケント束とよばれる副伝導路が存在することで、電気的興奮のリエントリーが起き上室性頻拍が発生します。

ケント束は右房と右室の間、または左房と左室の間に存在し、心房の興奮を直接心室に伝導します。ケント束は房室結節に比べて伝導速度が速く、ケント束を通った刺激はすぐ心室を興奮させるため心電図ではPQ間隔の短縮がみられます。

また早期に興奮した心室の興奮波は、正常に伝導したQRS波と融合し、デルタ波とよばれる波形を形成します。

WPW症候群は心臓突然死の原因の1つとして考えられています。心房に頻拍や細動、粗動などの頻拍性不整脈が発生すると、その興奮がケント束(副伝導路)を通り、頻拍として心室に伝導され、心室細動を引き起こすからです。

③心房頻拍

正常な心臓では洞結節から規則正しく電気刺激が発生していますが、心房内の別の場所から電気が発生したり、心房の中に電気刺激がぐるぐると回る回路ができたりすると、心房頻拍という上室性頻拍が起こります。

異所性のP波が規則的に高頻度で出現します。

心房頻拍は心房細動に行こうしやすいとされています。

心筋症や心筋梗塞、弁膜症などの心疾患に伴い起こることが多いですが、原因が不明なこともあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です