胸痛

胸痛

胸痛とはさまざまな原因で起こる胸の痛みの総称です。

心臓・血管系以外でも、胸部・腹部の全臓器の疾患により起こりうる症状です。

胸部にある臓器、皮膚、筋肉の痛みはすべて胸痛として知覚されます。

痛みの性状も圧迫感や不快感、灼熱感などさまざまであり、患者さんによっても表現が異なることがあるため、注意が必要です。

胸痛をきたす疾患のなかには緊急処置が必要な場合が多く、胸痛の性状を確認しながらその重症度を迅速にチェックすることが重要です。

急性の胸痛をきたす主な疾患

1)心疾患:急性心筋梗塞、狭心症、心膜炎

2)脈管系疾患:胸部大動脈瘤、急性大動脈解離、肺塞栓、肺高血圧

3)呼吸器疾患:気管支炎、肺炎、胸膜炎、気胸、膿胸、縦隔炎

4)消化器疾患:逆流性食道炎、食道痙攣、アカラシア、胃十二指腸潰瘍、Mallory-Weiss症候群、胆石症、胆嚢炎、膵炎

5)整形外科疾患:肋骨骨折、脊椎腫瘍、肋軟骨炎、脊椎圧迫骨折、頚椎ヘルニア、脊椎炎、肋間筋痙攣

6)胸壁疾患:乳腺炎、帯状疱疹、Tietze症候群

7)心因性:パニック障害、過換気症候群

胸痛の原因疾患の特徴

 

胸痛を起こす重篤な疾患の代表は狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患です。

他にも大動脈解離や肺血栓塞栓症も重篤で緊急の対応が必要となります。

急性心筋梗塞

胸骨部から左前胸部にかけて激しい胸痛とともに冷や汗、嘔気、嘔吐を伴います。

狭心症と同じような痛みを訴えますが、より程度が強く、時間が長いのが特徴です。

急性心筋梗塞では一見して重症感があり、苦悶様で特に呼吸困難やショック状態を呈します。

胸痛というよりは前胸部絞扼感、灼熱感、圧迫感などと表現され、広がりは握りこぶし大から前胸部全体であり、約半数以上に左肩〜左腕の放散痛を伴います。

指で示せる限局性の痛みやチクチクした刺すような痛みや胸壁の圧痛は、心臓由来の可能性が低いとされています。

大動脈解離

激烈な痛みがあり、その痛みが解離の進展とともに胸部〜背部に上から下(あるいはその逆方向)に移動、拡大します。

知覚神経線維が大動脈に分布しており、血管壁の急激な伸展による血管性の疼痛、阻血臓器による内臓性の疼痛、胸膜刺激による疼痛が合わさり激痛となります。

肺血栓塞栓症

長期臥床、手術後、血栓性静脈炎、避妊薬内服例などで、呼吸困難や血痰を伴う突然の強い胸痛が出現したときには肺塞栓を疑います。

胸痛よりも呼吸困難が前に出て、重症例では喀血を認めます。

肺塞栓の疑いがあれば下肢の片側性腫脹、疼痛、最近うけて手術、長期の症状安静の有無について確認します。

心臓神経症

胸痛、動悸、息切れなど心臓病によくみられる症状を呈しているにもかかわらず、心臓の検査をしても何も異常がみつからないものを心臓神経症といいます。

心臓神経症の原因としては、ストレス、過労、心臓病に対する極度の不安などが考えられます。ストレス、過労、不安感などは交感神経を刺激します。すると心拍数がふえ動悸を感じます。一度こうした症状を感じると自分は心臓病ではないかという不安が生まれ、その不安が徐々に大きくなるにつれて胸痛、呼吸困難、めまいなどのより大きな症状を感じるようになっていまいます。

心臓神経症で感じる胸痛は「ズキズキ」や「チクチク」と表現されるような痛みで、痛む部分が左胸のごく狭い範囲に限られており、手で圧迫すると痛みが強くなるという点が特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です