自律神経

自律神経系とは

末梢神経系は31対の脊髄神経と12対の脳神経、および自律神経系から構成されています。臓器や血管などのすべての平滑筋、心筋および腺(涙腺、耳下腺、内分泌腺など)が自律神経系によって調節されています。

呼吸、消化、吸収、循環、分泌などの活動を不随意的に調節しています。

自律神経系は交感神経系と副交感神経系の2つに分けられ、この両神経は通常、同一の器官にぞれぞれ線維を送って、それぞれ反対の働きをしながら1つの器官を2重支配しています。

交感神経系

運動をしている時、私たちは興奮している状態となります。この時心拍数は早くなり、汗が分泌されるようになります。

このように体を活発に活動させる時に働く神経が交感神経です。交感神経は「闘争と逃走の神経」とよばれています。

交感神経の節前線維は第1胸髄から第3腰髄までの脊髄側角の節前ニューロンから発し、前根を通って脊髄を出ます。

(自律神経系は支配器官に至るまでの間に必ず1回ニューロンを変えます。ニューロン交代の場を神経節をいいます。神経節より中枢側の神経線維を節前線維、末梢側の神経線維を節後線維といいます)

節前線維は神経節でニューロンを交代します。神経節では中枢に近い節前線維から神経伝達物質が分泌され、末梢側の節後線維の受容体で受け取られています。

交感神経の節前線維の細胞体は頸髄下部と胸髄と腰髄上部に存在し、脊髄のすぐそばにある神経節の集合体である交感神経幹と連絡しています。

交感神経と副交感神経は同じ自律神経でも、指令の伝達経路や方法が違います。交感神経は心臓や肺、消化器などの各器官と脊髄を通じてつながっており、たくさんの器官を同時にコントロールします。獲物や外敵を前にした時、交感神経が全身の器官を活動モードにするというわけです。

副交感神経は脳や脊髄からそれぞれの器官と個別の経路でつながっており、各器官にまとめて影響を与えるというより、部分的に影響を与える場合が多いとされています。

交感神経を興奮させる神経伝達物質としてアドレナリンやノルアドレナリンがあります。これらのシグナルが受容体に作用することで、血圧が上昇して瞳孔は散大します。

アドレナリンやノルアドレナリンが作用する受容体としてα受容体やβ受容体があります。

副交感神経系

交感神経は運動時などの興奮した時に活発となるのに対して副交感神経は体がゆったりとしている時に強く働きます。

例えば食事をしている時胃酸がたくさん分泌されて腸の運動は活発になります。副交感神経が興奮することにより、食物の消化に関わる機能が活発になります。

副交感神経系は節前ニューロンを脳(中脳、延髄)と仙髄にもち、節前線維は脳神経のうち動眼神経、顔面神経、舌咽神経、迷走神経と仙骨神経に含まれます。

中脳、延髄から出た節前線維は動眼神経、顔面神経、舌咽神経、迷走神経を経て、頭部、胸部、腹部内臓を支配しています。

副交感神経は神経伝達物質のひとつであるアセチルコリンによって興奮します。このときアセチルコリンが作用する受容体をムスカリン受容体といいます。副交感神経が興奮するにはアセチルコリンによってムスカリン受容体を刺激する必要があります。

看護roo 自律神経系 神経系の機能 https://www.kango-roo.com/sn/k/view/2169より画像引用

自律神経系の機能

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です