急性低血圧

急性低血圧にはショック、一過性低血圧(起立性低血圧、食後低血圧、排尿後低血圧、透析後低血圧)などがあります。

検査や治療を必要とする低血圧で重要な病態はショックです。

ショックは「生体に対する侵襲あるいは侵襲に対する生体反応の結果、重要臓器の血流が維持できなくなり、細胞の代謝障害や臓器障害が起こり、生命の危機に至る急性の症候群」と定義されています。

ショックは病態により大きく以下の4つに分けられます。

(ナースプラスHP ショックの定義、症状、診断基準と見極め より)

ショックの診断基準

①血圧低下(必須)

・収縮期血圧90mmHg以下

・平時の収縮期血圧150mmHg以上の場合:平時より60mmHg以上の血圧下降

・平時の収縮期血圧110mmHg以下の場合:平時より20mmHg以上の血圧下降

②小項目(3項目以上に該当あればショックと診断)

・心拍数100/分以上

・微弱な脈拍

・爪先の毛細血管のrefilling遅延(圧迫解除後2秒以上)

・意識障害(JCS2桁以上またはGCS10点以下、または不穏・興奮状態)

・乏尿や無尿(0.5mL/kg/h以下)

・皮膚蒼白、冷や汗または39℃以上の発熱

ショックの5徴候

ショックの臨床症状である5つの症状をみることで、早期診断、早期治療に役立ちます。

1、皮膚・顔面蒼白(Pallor)

2、発汗・冷や汗(Perspiration)

3、肉体的・精神的虚脱(Prostration)

4、脈拍微弱(Pulselessness)

5、不十分な促迫呼吸(Pulmonary insufficiency)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です