血圧測定

血圧は病院に行けば必ずといっていいほど測られ、自宅でも簡単に測ることができるありふれたものになっていますが、血圧の数値が高い(低い)ときにそれが何を意味しているのかと考えたことがあるでしょうか?

1回の血圧の測定値ももちろん大切ですが、いつもの値よりも高いのか、低いのか、時間帯で違うのか、熱があるのか、水分が足りていないのか、不整脈があるからなのか・・・などのように普段の血圧と比べて、その時の値が何を意味するのかということを考えてみることで、体に何か異変が起きているシグナルを把握することにつながります。

そのためにも自宅での血圧の測り方は統一しておく必要があります。

血圧測定のタイミング

日本高血圧学会では起床時と就寝前の毎日決まった時間帯に測定することが推奨されています。

・起床後

・起きて1時間以内

・トイレ後、服薬・食事前に測定

・1〜2分椅子に座って安静にしてから測定

・就寝前は入浴後1時間以上あけて測定

1回の測定は原則2回測定し、その平均をとります。

上腕で測定する理由

測定が容易であることや、臥位でも座位でも心臓と同じ高さになるため上腕で測定されることが推奨されます。

臥位で測るか、座位で測るか測定条件をいつも同じにしておくことが測定結果を比較する上で重要です。

マンシェットは可能であれば心臓の高さに合わせるため、台などにおいた状態で測定するほうがよいですが、さげた状態でも心臓の高さからの差は大きく変わらないので、こだわりすぎる必要はないようです。

上腕タイプか手首タイプか

腕で測定するタイプと手首で測定するタイプの血圧計がありますが、日本高血圧学会では腕で測る血圧計を推奨しています。

手首の血圧は上腕に比べて心臓から離れるため、上腕での血圧より±10mmHg程度の差がでます。

また血圧測定は測定部位を心臓の高さに調整して測定する必要があるため、手首タイプでは位置がうまく合わずに誤差が生じる可能性が高くなります。

データの正確さを高めるのであれば腕で測るタイプ、手軽さを求めるのであれば手首タイプがおすすめでしょうか。

血圧の基準値

(高血圧治療ガイドライン2009より)

高血圧の診断基準は上は140以上、下は90以上です。

120/80未満が循環器病のリスクが最も低い至適血圧とされています。

 

血圧についてもう少し知りたい方はこちら⇨血圧とは

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です