血圧測定

血圧は自宅でも簡単に測ることができ、毎日測定してその推移を見ることで、早期に病気の予防のための対策ができたり、身体に何か異変が起きているかどうかを確認するための一つの手段となります。

血圧を測って、その時の数値が正常値より高い(低い)ときに急に心配になることがあると思います。

1回の血圧の測定値ももちろん大切ですが、

いつもの値よりも高いのか、低いのか

時間帯で違うのか

熱はないか

水分は足りているか

不整脈はないか・・・

などのように普段の血圧と比べて、その時の値が何を意味するのかということを考えてみることで、体に何か異変が起きているシグナルを把握することにつながります。

血圧測定のタイミング

日本高血圧学会では起床時就寝前の毎日決まった時間帯に測定することを推奨しています。

起きてから1時間以内

・トイレの後、薬を飲む前、食事の前に測定

・1〜2分椅子に座って安静にしてから測定

・就寝前は入浴後1時間以上あけて測定

入浴やトイレの時のいきみなどの影響で血圧は変動するものですので、落ち着いたタイミングで測定できるよう心がけましょう。

血圧は常に変動するものですから、測定値に一喜一憂せず、同じ条件下で継続して記録をとっておくことが重要です。

原則として2回測定しますが、両方の値を記録しておくようにしましょう。

 

上腕で測定する理由

測定が容易であることや、臥位でも座位でも心臓と同じ高さになるため上腕で測定されることが推奨されます。

臥位で測るか、座位で測るか測定条件をいつも同じにしておくことが測定結果を比較する上で重要です。

マンシェットは可能であれば心臓の高さに合わせるため、台などにおいた状態で測定するほうがよいでしょう。腕にあまり力を入れないように注意します。

上腕タイプか手首タイプか

腕で測定するタイプと手首で測定するタイプの血圧計がありますが、日本高血圧学会では腕で測る血圧計を推奨しています。

手首の血圧は上腕に比べて心臓から離れるため、上腕での血圧より±10mmHg程度の差がでることがあるようです。

また血圧測定は測定部位を心臓の高さに調整して測定する必要があるため、手首タイプでは位置がうまく合わずに誤差が生じる可能性が高くなります。

データの正確さを高めるのであれば腕で測るタイプ、手軽さを求めるのであれば手首タイプがおすすめでしょうか。

血圧の基準値

(日本高血圧学会一般向け高血圧治療ガイドライン2019解説冊子「高血圧の話」より)

病院で測定した血圧(診察室血圧)における高血圧の診断基準は、収縮期血圧が140mmHg以上または拡張期血圧が90mmHg以上、あるいは両方に当てはまる場合です。

家庭血圧の場合は上記の値より5mmHg低い値を目安にします。(収縮期血圧135mmHg以上、拡張期血圧85mmHg以上)

脳卒中や心筋梗塞などの血管の病気の発症を予測する方法として、診察室血圧よりも家庭血圧の方が優れることが最近の研究によりわかってきており、家庭で測る血圧も非常に重要です。

高血圧は1回の血圧測定値で判断されるわけではなく、5〜7日間測定した平均値を目安に判断されます。

ですので、自宅では毎日決まった時間に血圧を測定した、手帳やスマートフォンなどの記録アプリに記録する習慣をつけておきましょう。

 

 

治療による目標血圧は

・若年者、中年者、前期高齢者(〜75歳):140mmHgかつ90mmHg未満

・後期高齢者(75歳以上):150mmHgかつ90mmHg未満

    (様子を見ながら下げられれば140mmHgかつ90mmHg未満)

・糖尿病患者、タンパク尿のある慢性腎臓病患者:130mmHgかつ80mmHg未満

成人では120/80未満が循環器病のリスクが最も低い至適血圧とされています。

 

血圧についてもう少し知りたい方はこちら⇨血圧とは

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です